‘現地スタッフ’ カテゴリーのアーカイブ

ゴールドコーストの一押しツアー!!

11月に入って夏の兆しがやってまいりました。
本日はゴールドコーストから夏ならでは、オーストラリアならではの
一押しのツアーをご紹介いたします。
まずこちらの写真、、いかがですかこの海の色!!
のどかなトロピカルアイランド。

!cid_0822CE3E6C4B46DDA5387677CA86BDF4@nagoya1

こちらはゴールドコーストから2時間でいける
グレートバリアリーフの最南端 Lady Elliot島です。
こちらのツアーはなんと飛行機に乗って、そして船にも乗る欲張りツアー。

!cid_3659546132B64C17BA93018110592D47@nagoya1

まずはこちらのセスナに乗って2時間上空からのゴールドコーストの町の景色。
ゴールドコースト自慢のこの何キロにも続く白い砂浜、是非ご堪能ください。

!cid_994AE843D7E54966848A543B701A7383@nagoya1

途中イルカの餌付けができるタンガルーマ島、
一番大きな砂の島フレザー島上空から見ながら、、、

!cid_7E946787B1E34C5A81D36600C2CE15FA@nagoya1

そいて着きました。こちらがLady Elliot島です。
この写真でも分かる様に、島の周りは珊瑚に囲まれてます。

!cid_B8F1717920C346D3811BD97C21E415A6@nagoya1

島に着いたらまずこの国立公園の説明を受けます。
その後はいろいろなアクティビティ
!cid_194F84EDF4EC469BB06F284BD537389F@nagoya1
ボトムグラスボートに乗って海面から見る珊瑚や海がめ、お魚達。
!cid_CEA82C0063A948E6AC2687F23D932382@nagoya1
この素敵なビーチハウスでのランチ

!cid_2E8CC0C9996B4611A94F22CA1474CE9D@nagoya1

シュノーケリングを楽しんだり、、
気持ちよくお昼ねしたいた海がめさんおこしてごめんね!

!cid_DB81AD0FEEE344D38E01A936E1454108@nagoya1

それぞまさしくトロピカルカラー、青空に負けないきれいなブルーのヒトデ。。
魚に餌付けも楽しめ、まざにリゾート感を満喫です。
ちなみにこのLady Elliot島は1200種類以上の海洋生物の宝庫。
マンタが見れたり、2-4月は海がめの産卵期で海がめが沢山見れ、
島のどれを取ってもご満足いただける事間違いなし。
是非ゴールドコーストに来られたら、お尋ねいただきたいところの1つです。
ハネムーンを満喫するのは最高のアイランドです。


~パース、スワンバレーでトレッキング~

パース支店のNorikoです。

暖かい日が増えて、真夏はもうすぐなパースです。
少し前に、お天気の良い日にトレッキング(散歩?)へ行こうという話になり、スワンバレーへ行ってきました。
パースにはこうやって気軽に行ける自然の場所がたくさんあります(o^∇^o)ノ

大自然の中でマイナスイオンを浴びてゆっくりしたい~というお客様は是非スタッフへご相談下さいね(^○^)

川が流れていてカヤックをしている人もいました。
01

こんなところはカヤックというより…川下り???
02

太陽の下、のんび~りと歩きます。
日本での登山の時のように、すれ違う人と「Hello~」と挨拶をヽ(*^^*)ノ
こういうのっていいですよね(*´∇`*)
03

どんどん奥へ行くと道も狭くなり…
04

どこへ続くのかな~と思っていたら
05

馬がいた~(* ̄∇ ̄*)
06

走ってるところは写真に収められず、残念。
毛並みも綺麗で、目がとっても澄んでましたo(*^▽^*)o
07

スワンバレーはワイナリーが沢山ありますので、お食事するところもおシャレでゆっくりできますよ。

野菜たっぷりのスープ。ハートのパイがさくさくで美味しい(゜∇^*)
08

チキンパイにチップスとサラダ。
09

最後は特製スコーン。ひとつはプレーンですが、もう一つはラベンダー味(*^-^)
ほんのり香るラベンダー風味がとっても美味しかったです。
10

皆さんも都会の日本を抜け出して?オーストラリアの自然に触れませんか?\(^▽^)/
11

パース支店 Noriko



~パースでワイルドフラワーツアーへ参加~

パース支店のNorikoです。

30度超えの日も多くなり、夏が近づいてきたと感じるパースです。

先日、ワイルドフラワーツアーへ参加してきました(o^∇^o)ノ
最終集合場所はPerth convention centreです。(ご宿泊のホテルによってはホテルピックアップがあります)
01

以前はBarrack Street Jettyが最終集合地でしたが、都市計画が進んできて、
大型バスが止まる場所がなくなってきたため場所が変わりました。
Adina Hotel(旧Medina Grand)前のコンベンションセンター入り口に大型バスが止まってますよ。
02

足もい~っぱい伸ばせる快適な大型車に乗って、出発(^○^)
03

ワイルドフラワーツアーは毎年8月~11月頃まで参加できます。
毎年、参加時期によってお花の咲き状況が変わるので、
ベテランガイドがその時のベストスポットへ連れて行ってくれますよ!!ヾ(=^▽^=)ノ

最初に行ったのはシティからも近いWireless hillo(*^▽^*)o~♪
0405

0607

散策の後にはモーニングティーとクッキーなどを頂いて、お腹も満たされたところで今度はフリーウェイを北上します。
こんなところに?というところで止まってくれ、トコトコ歩き出すガイド(* ̄∇ ̄*)
コレは何とか、コレは何とか…と知らない花はないのでは?と思うほど知識豊富です。
0809

参加者のみなさんはガイドの後ろを付いていきながら、思い思いに花を眺め、写真を撮り、
花の名前をメモしたり…(*´∇`*)
1011

1213

ピクニックランチを食べた後はシティーへ向かいながら、また所々珍しい花を見つけては
止まってくれるので最後の最後まで楽しめましたo(*^▽^*)o
1415

オーストラリアは入国の際の持込が厳しいということで有名だと思いますが、
これだけ固有種が多いとなればそれも納得できますね。
これからパースへ来るお客様もワイルドフラワーツアーへ是非参加してみて下さいね。
知識豊富なガイドが色んな花を紹介してくれますよ(^ー^* )
16

パース支店Noriko



~初夏のゴールドコーストから~

皆さんこんにちは。

9月も後半になり、ここゴールドコーストでも日中25度を上回る日が出てきました。
季節の変わり目ということもあり、暖かかったり肌寒い日があったりとまちまちではありますが徐々に夏の訪れを感じられる今日この頃です。
サーファーズパラダイス周辺では、今月の後半(24日から26日)に開催される「ゴールドコースト600」V8スーパーカー・レースのコースづくりのためいたるところで工事が始まりました。
そうです、アメリカはロングビーチやモナコ、マカオなどと同じように公共の道が市街地レースコースに変貌し、
期間中はV8エンジンを搭載した車がこのコースを平均時速146km、最高時速は265kmで駆け抜けるといったゴールドコーストの一大イベントです。
GCブログ①

7月の末には待望の路面電車(トラム)も開通し、益々活気に溢れるゴールドコーストです。

9月1日から暦上春ということで、9月後半からは町で綺麗な花が目につくようになります。
burogu②

こちらはオーストラリアの国花、マメ科アカシア属のゴールデンワトルです。
初期の入植者達が、小屋を建てる際にワトルの枝を細工して作ったことから愛国心を表す花の強さ、耐久性、色の美しさなどの理由から国花として選ばれました。
冬の終わりを告げるは、初夏や夏に鮮やかな黄色の花をつけ種類によっては10メートル近くまで成長します。

③

こちらは、ノウゼンカズラ科に属する中南米原産のジャカランダ。
ジャカランダは、僕が大好きな花で熱帯三大花木の一つです。9月下旬から11月上旬が見頃で、日本では紫雲僕または、花の形が桐に似ていることから「キリモドキ」とも呼ばれています。

ブログ④

こちらは、ゴールデントランペットツリー。
ブラジル原産のノウゼンカズラ科の落葉高木で和名は、「コガネノウゼン」です。
この花は、ブラジルの国花になっていて、その黄色は緑と組み合わされてサッカーのナショナル・ティームのユニフォームの色になっています。日本では戦後、ブラジルから沖縄や奄美群島にも持ち込まれそうです。

世界でもっとも花が好きな民族はイギリス人と聞いたことがありますが、オーストラリアは元々イギリスの植民地だったということと、
イギリスからの移民が多いことなんかも含め、この国では綺麗な花がたくさん見られるのかもしれません。
日本にも桜という素敵な花木があります。日本人の花への意識も決してイギリス人に負けないものだと僕は思います。
花には人の心の全てが映されるそうです、なんか神秘的ですね!
皆さんがオーストラリアを訪れた際には、オーストラリアの青空に映えるこれらの花を探して想い出の一つとされてください。



~パースの南で洞窟探検~

パース支店のNorikoです。

お客様よりこんなに可愛らしいプレゼントを頂きました。
くまのTedが描かれたパッケージにもキュンヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃
A

前野様ありがとうございました!!またパースにお越し下さいね~!!!
B

パースから南へ250kmのところにあるダンズボロー、ヤリンアップへ行ってきました。
その中で一番気に入ったのが、Ngilgi Caveヽ(=´▽`=)ノ
01

元々はYallingup Caveと呼ばれていたそうですが、アボリジニの神話の一部にこの洞窟が出ていたようで
後に名前がNgilgi Caveと呼ばれるようになったそうです。
Ngilgiは悪霊のWolgineとの戦いに勝利した聖霊の名前のようですね。
02

洞窟へ向かう道とは逆だったのですが、ビーチへ繋がる道が。o@(^-^)@o。
時間があればこちらも散策したかったのですが、時間がなく、とりあえず洞窟へGO
03

洞窟内は綺麗に整備されているので、一部滑りやすいところもありますが、手すりもあるので歩きやすかったです。
300段ほどありますよ~と言われた洞窟ですが、美しさに圧倒され、1時間以上あちこちと歩き回りました。
04

たった1cm成長するのに何十年もかかると聞くと、神秘的に見えて仕方ありません。
05

色んなライトを当てていて、色が変わる様子もとても綺麗でした。
06

青o(*^▽^*)o
07

緑(^▽^)/
08

こっそり覗き込むと…
09

この洞窟で一番気に入ったのが下にあるエリア
10

突き当たりが行き止まりになって、少し開けたエリアがあるのですが、そこで寝っころがって天井を見ると…
上から星が降ってくるかのような感じ?∑(ёロё)
11

一度目を閉じてパッと開けると、感動倍増。目の前の景色に息を呑んでしまいます。
12

マーガレットリバーへツアーで参加した時も洞窟は見ましたが、洞窟によって色々な形、雰囲気があるんですね。

マーガレットリバーのブログは↓
http://www.austy.co.jp/blog/2012/01/26/%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc/

今度は他の洞窟にも行ってみたくなりました(*´∇`*)
皆さんもオーストラリアの自然を満喫しませんか?
ツアーについて、詳しくはパース支店スタッフまでご相談下さいね。
13

パース支店Noriko



~パース、キングスパークのワイルドフラワーフェスティバル~

パース支店のNorikoです。

20度後半の日が多くなってきて、今週末はいよいよ30度を越える予報です。
夏がやってきた~!!!!夏好きには嬉しい限りです♪

先日はAraluenのチューリップフェスティバルでしたが、
今回はキングスパークのワイルドフラワーフェスティバルへ行ってきました(^^)

キングスパークは市内からも近く、多くの観光客が訪れる場所でもあり、
パース住民もよく行く憩いの場になっています(o^∇^o)ノ

去年のブログはこちらから↓
http://www.austy.co.jp/blog/2013/09/23/3371/

去年が50周年だったので、今年は51回目ですね。
これからも沢山の綺麗なお花が見れますように…

さて、まずはフラワークロックから(^○^)
01

黒いカンガルーポーを見つけました\(^▽^)/
カンガルーの足に似た形と言われてますね。
02

メジャーなのはこの赤と緑のカンガルーポーじゃないでしょうか?o(*^▽^*)o~♪
03

黄色もありますよ(* ̄∇ ̄*)
04

今年も沢山の花が咲いていました。
では一気にどうぞ~私のお気に入りからo(*^▽^*)o
05

黄色が鮮やか~(^ー^* )
06

エバーラスティングの花畑
07

アップで見てもカワイイ(*^^*)
08

濃い色もあれば
09

薄い色も
10

途中スワンリバーを眺めてみたり…ヽ(´▽`)/
11

幹が不思議な木を見たり…
一本の木をみんなで一生懸命支えてるようで、気に入りました。
夫婦、家族もこうやってみんなで支えあって生きていくんだな~なんて感慨深く見てみたり(>▽<)
12

小さな小川が流れてたり…
13

ゆっくり歩きながらお花を見る。
慌しい日常生活から離れて、時間をたっぷり使うって贅沢なことですよね。
9月末までやってますので、是非みなさんも足を運んで下さいね。o@(^-^)@o。
14

お土産にワイルドフラワーのプリザーブドポットはいかがですか??
西オーストラリアらしいお土産で喜ばれること間違いなし!!
15

パース支店Noriko



~ゴールドコースト ショールームから~

こちらは、かなり暖かくなって、最高気温が22℃、23℃の日も当たり前になってきました。
朝晩は冷えるものの、日中はTシャツで過ごせるほど。大変良い季節です。
GCburogu無題GC②

今日は、オースティのオフィスの周りをご案内したいと思います。
オースティのオフィスは『シェブロンルネッサンス』というショッピングコンプレクス内2Fにございます。
GC3無題

このシェブロンルネッサンスには、皆様お馴染みのスターバックスカフェがございます。
日本でも見慣れたこの雰囲気。安心してお茶ができますよね。
ちなみに、ここで主流なコーヒーは、『カプチーノ』か『ラテ』。
どちらもエスプレッソマシーンから抽出したコーヒーにたっぷりのミルクが混ざっています。
日本では当たり前の『アメリカンコーヒー』なるものはオーストラリアにはなく、
あえて近いお味のものをオーダーするのであれば、『ロングブラック』でしょうか。
『ロングブラック』には、ミルクもお砂糖も入っていないので、アメリカンコーヒーがお好みの方は、『ロングブラック』というお名前を覚えておいて頂くと良いと思います。
 
さて、最近できたスタバのお隣、『MAX BRENNER』に注目。
このチェーン店はゴールドコーストでも3軒以上存在していると思うのですが、オースティ付近にも2ヶ月前にオープンしました。
イスラエル発祥のチョコレート専門店で、生チョコやホットチョコレートを作るチョコパウダーがおすすめ商品です。
すこーしお値段は高めですが、大変可愛らしいパッケージなのでお土産にはピッタリかもしれません。
無題④GCぶろぐ⑤無題

次にオースティのオフィスにほど近いLiquorlandという酒屋さんで、オーストラリアワインの買い方を聞いてみました。
一番簡単な選び方としては、メダル(ステッカー)の貼ってあるワインを探す事。
酒屋さんの店内をぐるっとまわれば、左下の写真のように『2014年度+++ワインフェスティバル、シルバーメダル獲得』
といったステッカーが貼ってあるワインが目に付くと思います。
味にはずれがないので、お土産として選びやすいかと。
次に簡単な選び方としては、地域名で選ぶ事。
オーストラリアワインの中でも、ShirazはBarossa(バロッサ)という地域、Cabernet SauvignonはCoonawarra(クナワラ)という地域からのものが美味しいそうです。
また、ChardonnayとSauvignon BlancはAdelaide Hillsという地域のものが美味しいとか。
美味しいぶどうを程よくブレンドしたものとして赤白共に定評があるのはMargaret River付近で作られたワインだそうですよ。
ワインのボトルの裏には必ず生産地域の名前が載っていますので、よく見てお買い求め下さい。
個人的には、ゴールドコーストのワインももちろん美味しいと思います。
余談ですが、お酒つながりとして。。。右下の写真はオフィス近くのアイリッシュバーです。
日本で言うスポーツバーに当たると思うのですが、夜も週末も賑やか。
ヨーロッパ系移民の多い国ですから、こういった所はいつも大勢の人で盛り上がっています。
無題⑥jpggo-rudoko-suto7

それからトラム電車の追加情報です。ルートと料金を検索してみました。
Surefers NorthとBroadbeach Northの間の駅はどの駅も同じZone14内。
1つ先の駅が目的地であても、2つ先の駅が目的地であっても片道$5.20のようです。
ちなみにSurfers Paradise付近から乗車し、Pacific Fairまで行ってしまうと、隣りのZone15に入るため、
2つZoneを跨いだ料金となり、片道$6.10になるようです。
『go card』という日本の『suica』に似たカードでの乗車が簡単かつ最安料金のようなのですが、カードをどこで購入できるかは未確認です。
トラム電車についての情報は、随時ブログでアップデートさせて頂こうと思います。
料金については、
http://translink.com.au/tickets-and-fares/fares/current-fares
Zoneについては
http://translink.com.au/sites/default/files/assets/resources/travel-information/network-information/maps/140721-gclr-network-map.pdf
をご覧下さい。散歩の参考になると思います。
オースティの最寄り駅は、Cyprass AvenueかCavill Avenueです。写真はCavill Avenue駅。
⑧無題

最後に忘れてはいけないのが、スーパーマーケット。生活のおともです。
海外のスーパーマーケットは見てるだけで楽しくなりますし、旅行の長短に関わらず必要なものが気軽に手に入るので助かりますよね。
ちなみに弊社オフィス下にあるColes(コールス)は、サンシティ リゾート(弊社で大変多くご案内させて頂くホテル)からは一番近いス?パーマーケットです。
<月?土:午前7時?午後10時、日:午前8時?午後8時営業> 思わぬお土産も見つかるかも
無題GC

という事で、オースティオフィス周辺を散策してみました。
皆様、素敵な挙式とリラックスしたハネームーンを過ごしに、是非ゴールドコーストにお越し下さい。
ゴールドコーストスタッフ一同、心よりお待ちしております!



~パースのチューリップフェスティバル~

パース支店のNorikoです。

随分春めいてきたパースです。
暖かい日も増えて、早く暑~い夏が来ないかな、と待ち遠しいです(o^∇^o)ノ

先日、Araluenのチューリップフェスティバルへ行ってきました。
今年は8月23日~9月21日までやっていますよ(*^-^)
http://www.araluenbotanicpark.com.au/its-yates-springtime-at-araluen/

この公園はパースから南東へ45分ほど行ったところへあります。
ツアーを組むこともできますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さいね(^^)

日曜の午後3時という少々遅めの時間だったのですが、ビックリするほどの人、人、人w(゜o゜)w
駐車場への道が大渋滞でした。

行ってみて納得。チューリップがい~っぱい咲いていましたo(*^▽^*)o~♪
01

様々な色があったので、お気に入りを探そうということに。
私は黄色に少し赤が入ったのがお気に入り(*´∇`*)
02

赤が多めで中心だけ黄色のも綺麗でした。
03

白を見るとウェディングを思わず連想してしまうのは職業病?!(* ̄∇ ̄*)
04

王道の赤も捨てがたいですよね。
05

赤~ピンクのチューリップ畑\(^▽^)/
06

小川も流れていて、爽やかでした。
07

紫ってちょっと珍しいですよね?(^○^)
08

珍しいで言うと、何故かチューリップ花壇の前に大量のパセリが…
細長く続くチューリップ花壇の前にず~っとパセリ。何故でしょう??(・_・?)
最初は、レストランでパセリを使ってるのか?などと言っていたのですが、
パセリはメインに使えないし、何故にパセリだけをこんなに大量に?と言うことで、
結果的には、チューリップにつく虫避けじゃないか?と言うことで話は落ち着きました。(; ̄ー ̄)…
09

公園は広く、2時間以上チューリップを眺めながらあっちへ行ったりこっちへ行ったり(‐^▽^‐)
10

梅でしょうか?春ですね~。
11

そして、これはGolden Wattleかな?(。・ω・。)
アカシア科の淡い黄色い花でオーストラリアの国花でもあり、オーストラリアの春を象徴する花と言われてます。
小さなポンポンのような花がいっぱい付いていて、可愛らしかったですよ。
12

パースはワイルドフラワーのシーズンも始まりましたし、色んなお花を見ることが出来ますよ。
可愛らしいお花と自然に癒されに、パースへお越し下さい(^▽^)/
キングスパークのワイルドフラワーフェスティバルも9月1日~30日で開催されてます。
13

パース支店 Noriko



~パースで美味しいベトナム麺料理~

パース支店のNorikoです。

暖かい日が続いていて、あれ?冬は終わった?と錯覚するほどです。
暑~い夏がくるにはもう少し時間はかかりますが、
それでも過ごしやすくて、洗濯の心配が減ったのは嬉しい限りです。

日本はまだ残暑が厳しいと思いますので、夏バテ、熱中症にご注意下さいね。

前から噂には聞いてた美味しいベトナム料理のお店Mama tranへ行ってきました(≧∇≦)ノ
パース市内にありますが、ウェストパースよりのMilligan Stにあります。
01

Hay StとMurray Stの間にあるので、パース支店での打ち合わせ後に歩いて行ってもいいですね。
歩いて10分くらいですよ(^▽^)/
02

昼に行った時はビックリの長蛇の列。
広い店内が満席でどこも座れず、端っこの方にようやく席を見つけられるほどの盛況ぶり。
でも、店内が広く、麺類がメインなので回転が速いのも◎ \(^▽^)/
03

メニューがいっぱいあって困っちゃいます。
04

初めて行った時は噂に聞いてた汁なし麺ブン(確かヌードルサラダのポークだったと思います)
手馴れた感じでバババ~っと作ってくれて、サッと出てきましたヽ(=´▽`=)ノ
05

早業でした。
お肉がいっぱいのように見えますが、野菜も沢山入ってるのでヘルシー。
あれ?何もソースがかかってない??と思ったら、ちゃんと味付けされてました。美味しい~o(*’▽’*)/☆゜’・:*☆
06

美味しい、早い、安いの3拍子で人気の理由が分かりました。

さて、気に入ったのでもちろんリピートです(o ̄∀ ̄)ノ”
今度は夜に行ったのですが、その時も混んでましたね。
さすがに満席ではありませんでしたけど、仕事帰りにさっと食べて帰りたい人にはいいのかもしれませんね。

今回はヌードルスープを。これはちょっとスパイシーなやつo(*^▽^*)o~♪
07

一緒に行った知人はヌードルチキン。
08

いやぁ~、ほっこりする美味しい味に大満足でした♪(* ̄ー ̄)v
2回目に行った時は少し肌寒かったので、なおさら温かいスープが胃に染み渡りました。
夏も冷房がついてて体は冷えがちですからね。オールシーズンでいけます!!!

HPを見たらシティーの真ん中Carillon city内にもありましたねo(*^▽^*)o
フードコートのある3階です。ここはランチのみ11:00-2:30ですので、ご注意を。
http://mamatran.com.au/

是非皆さまも行ってみて下さいね。

パース支店 Noriko



~パース観光地ペンギンアイランド~

パース支店のNorikoです。

本日のパース、最高気温が26度!!8月なので、一応暦上はまだ冬です。
今年の日本は猛暑のようですね。夏バテにご注意下さい。

皆さん、クイズ第二弾、そして「海外へ持ってけドロボー♪」キャンペーンをチェックしましたか?
ドロボーだなんて!!(*≧m≦)=3
太っ腹なAUSTYならでは。皆さんお徳な情報を忘れずにゲットして下さいね!!!(^w^)

今回はパースから南へ45分ほど行ったロッキンハムにあるペンギンアイランドをご紹介します。
島の名前の通り、この辺りには約1000匹のペンギンが住んでいると言われてます。
ツアーを組むこともできますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さいね(^▽^)/
01

可愛いペンギングッズも沢山売ってますので、後で寄るのをお忘れなく~ヽ(*^^*)ノ
02

フェリー乗り場の近くにはこんなキュートなマークが(*´∇`*)
03

フェリーはたったの5分なので、船酔いもノープロブレム!!(≧ω≦)b
04

フェリーを降りてすぐにペンギンセンターがあります。
05

ペンギンは日中は水中にいることが多いので、見ることが出来たらラッキーなのです♪(* ̄ー ̄)v
涼しそうな場所(階段の下など)や夕方によ~く探して見て下さいね。

※写真はオフィシャルサイトより拝借しました。
06

ペンギンセンターでは可愛らしいペンギンがお出迎えしてくれます(o^-^o)
07

因みに、ペンギンアイランドにいるのは、Little penguinコガタペンギンと言って、
ペンギンの中でも最も小さい種類、体長は約40cm、体重は1kgほどのようですね(^ー^* )
可愛い~!!!!ペンギンの写真を撮る時はフラッシュを付けないようにしてあげて下さいね。
08

ペンギンアイランドは小さな島なので、ゆっくり散策しながら歩くことができます。
綺麗な海を堪能して下さい☆^(o≧▽゜)o
09

さて、ペンギンアイランドと言っておきながら、ここにはもう一つの目玉があるのです。
それは野生のイルカとシュノーケルで泳げる~!!!!!( ̄∇+ ̄)v
モンキーマイアまで行きたいけど、遠くて行く時間がない、という方には特におススメ。
英語ツアーのみになりますが、こちらも詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

モンキーマイアのブログはこちらから↓
http://www.austy.co.jp/blog/2012/05/12/%ef%bd%9e%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%80%81%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81%ef%bd%9e%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%e6%94%af%e5%ba%97/

※写真はオフィシャルサイトより拝借しました。
10

こんなに近くでイルカを見れたらテンション上がっちゃいますよね((o(>▽<)o))
11

ジャンプも見れたらもっとラッキー♪
12

アシカもいっぱいいるんですよ☆*~゜⌒(’-'*)⌒゜~*☆
13

可愛い海の動物がいっぱい。
ぜひペンギンアイランドに行ってみて下さいねo(^▽^)o
14

パース支店Noriko