2019年6月 のアーカイブ

“雨の日の結婚式は幸運をもたらす”とも・・・

ゴールドコースト本社より、こんにちは!
昨年の9月から先月まで、挙式とハネムーンでのご訪問のお客様のご案内に、喜んでいただけるよう心を砕く日々を送っておりました。
ホッと一息付いたところでもう6月です。
季節が流れるのは、早いですね。
さて、6月に入り朝と夜は少しずつ寒くなりつつあり、羽織物が欲しいな、と思い始めました。
この季節に渡豪されるお客様は厚手のお洋服もご持参されると良いかと思いますよ!!
昼間はまだまだ暖かい日差しもあり、ビーチを楽しむ方で溢れています。
ゴールドコースト本社スタッフはというと、セーターを着たりと寒さ対策万全な体制ですが、タンクトップ一枚のオーストラリア人からは「ここは北極かい?」と笑われてしまいます。
ゴールドコーストの方々は、どの季節でもいつも元気が良く、エナジーに満ち溢れていると感じます。
最近は、季節の変わり目で突然の雨もあり、天気予報が余り当てになりません。
Blog 01

皆様は、やはりゴールドコーストと言えば、1年の大半が晴れているところ!!と、イメージをされる方が多いかと思いますが、天候だけはどうする事も出来ず、ウェディング当日が雨になってしまう事や、フォト撮影時に小雨がばらつく事もございます。

Blog 02
しかし、雨が降ったからとがっかりして、お二人の大切で特別な日をお過ごしになるのは、もったいないですよね!!
そんなお二人の心を、少しでも快晴に出来ればと思い、私がお伝えさせて頂いている、古くからの言い伝えを皆様へシェアさせて頂きたいと思います。

フランスでは、
『Mariage pluvieux mariage heureux! (雨降って、幸運がもたらされる) 』
イタリアでは、
『Sposa bagnata, sposa fortunata. (雨に濡れた花嫁は幸せになれる) 』

神様がお二人の一生分の涙を流して下さり、後は幸せしか残らない。という言い伝えがございます。
また、ヨーロッパでは、雨は農業において不可欠なものであり、神様からの恵みとされています。
神様がいる天より、私たちの大地へとその恵みとされている雨を降り注ぎ、お二人を祝福して下さっていると言われているそうです。
その雨と共に、天使たちも舞い降りるというお話もございます。
人々にとって、雨はとても大切であり、縁起がよいものとされている事がよく分かりますね。

ハワイでは、
『No rain, No Rainbow. (雨が降らないと、虹はかからない) 』
どんよりとした曇りに覆われていたとしても、必ず太陽の光が差し込み、空に虹がかかる事と同じように、お二人がこれまでの歩みで経験した悲しい出来事、思い等全てを雨が洗い流し、光に満ち溢れた、色鮮やかな新しい人生の幕が明けるという思いが込められているそうです。
Blog 03

そして、皆様もご存知の日本のことわざ
『雨降って、地固まる』
お二人の門出にて、しっかりと地を固め、絆を固め、新たな歩みを始める前の恵みの雨という思いが込められているのだと思います。

ゴールドコーストの花嫁達と言えば、
「雨でも、晴れでも、関係ないわ! 私たちがハッピーであれば、それで十分!
最高な日にならないはずがないわ!」だそうです。
ゴールドコーストの方は本当に素晴らしいと思いました。

また、先日ご担当させて頂きました優しさに溢れたご新郎様ご新婦様は、小雨の中挙式されたのですが、
「天国のお祖父ちゃんとお祖母ちゃんが嬉し泣きをしてくれているんだ。」と、
ご家族揃って涙しており、感極まりました。
どんな天候であれ、どう当日を過ごすかは、ご自身達の気持ち次第なのだなと思いました。

ゴールドコーストは、今日は天気雨です。
日本では、どこかで狐が嫁入りをしていると言われていますね。
幼い頃は、天気雨の時にそれを思い出しては、狐が白無垢を着て彼が待つ所へ向かっているところを想像し、そして虹がかかると全てが上手くいったんだ!と、勝手に嬉しくなり、その狐たちがいつの時も幸せでいてほしい!と祈っていました。
狐の嫁入りのように、世界中で天気雨は日本と同じように呼び名があるそうです。
大半は、狐やオオカミといった動物達の嫁入りと伝えられています。
雨とウェディングは、昔から関わりを持っており、人々によって言い伝えられてきたのかと思うと、とても意味深く素敵だと思います。
ちなみに、オーストラリアでは、天気雨はどこかの猿の誕生日だそうです。
(オーストラリアに猿はいないはずですが…)

さて、雨に関わる言い伝えをお伝えしましたが、
当日が雨になってしまった際に、少しでも皆様の気持ちの切り替えの為に役立てることが出来ると嬉しいです。
私たちも、どんな状況であっても、皆様に幸せが降り注いでくるよう、お手伝いをさせて頂きます!
雨が降っても思いっきり楽しめるように、雨の中での撮影のアイディアを探しておくのもいいかもしれませんね。

皆様が、特別な日を最高の気持ちで迎えられますように。
そして、晴れ渡った心で新しい道を進めますように。
Blog 04

お待ちしております!!
ゴールドコーストスタッフより。

★オーストラリアから日本へ上陸31周年。 すべての人が幸せに!!
オーストラリア挙式&ハネムーン専門のオースティ。
本社がゴールドコースト パースに支店があり日本人スタッフがご対応 だから安心です!!
★★ご相談は 東京 名古屋 大阪 へ、 お気軽にご来店下さい。



嬉しいお客様★

皆さまこんにちは(^○^)/
東京スタッフです!!

今日も気温は高いようですが、日陰に入ると涼しい風が吹いて心地よさを感じました! こんな日はオーストラリアの夏みたい‼ と一人で懐かしんでいます。
ゴールドコースト、パースは真夏でも木陰に入ると上着を羽織りたくなる位涼しいです。湿気が少ないので過ごしやすいのです。東京の夏は湿気が多く気温が高いから大変です。
そんな夏の前にソロソロ梅雨間近!
梅雨入りに向けての準備もしっかりして、乗りきりましょうね!

さて、5月にブリスベンにある「セントジョーンズ カテドラル教会」にて式を挙げられた、学さんと佑美絵さんそして佑美絵さんのお母さんがお見えになりました。
実は、前日には佑美絵さんのお父さんもご来店下さり、挙式や観光写真をお持ちいただいたり、現地でのお話を沢山して下さいました。
ありがとうございます。
現地の其々の担当スタッフの名前も覚えて下さっており、「大変お世話になって楽しく過ごせました。」と、お話しをいただき、学さん、佑美絵さん、お母さんも楽しかった 楽しかった。と、私たちが一番嬉しい言葉が飛び交いました。
とても嬉しい時間でした。(*´∀`*)☆彡

佑美絵さんのドレスは佑美絵さんのサイズに合わせて製作しました。
佑美絵さんの体にフィットしたドレスで、可愛さと上品さがとてもお似合いなウェディングドレスに仕上がりました。
ドレス選びの時からお母さんも一緒に来店され、お母さんご自身のドレスもお選びいただきました‼
ロングドレスを颯爽と身に纏われていらっしゃっる姿がカッコ良く、とても綺麗なお母さんでしたよ!

学さんと佑美絵さんと、ご両家の皆さまが気遣いながらも仲が良くて、羨ましいご家族だな。と思っていました。
笑顔満載で楽しいお時間ありがとうございました。
またオーストラリア、いや 海外にお出掛けの際にはお声を掛けて下さいね♡

またお逢いできる日を楽しみにお待ちしてます!

CIMG3168 (1)
とても笑顔の素敵なお二人です!!
ご出発前のリングピロー製作を行っていただきました♡

DSC_1240DSC_1338
ご両家様 とても素敵なご家族でした。
おめでとうございました!!

CIMG3181
ご来店ありがとうございました。
また、ぜひいらして下さいね。楽しい一時ありがとうございました。

一年近く、一緒に挙式、旅行、衣装とお付き合いをさせていただくと、全てが終わると、安堵感と次はいつ会えるのかな?と寂しさも溢れて来ます。

学さん、佑美絵さん 末長くお幸せにお過ごし下さいね!



6月はJune bride
6月の花嫁は幸せになれる! っと言う“言い伝え”があり人気の月です!
オーストラリアは季節で言うとこれから冬に向かいますが、海も空も真っ青で空気も澄んでいてとても過ごしやすい季節なのです。
挙式もハネムーンも大人気な季節です!
ますます人気のオーストラリア
ぜひ、Austy にご相談下さいませ!(^^)!

お待ちしております!


★オーストラリアから日本へ上陸31周年。 すべての人が幸せに!!
オーストラリア挙式&ハネムーン専門のオースティ。
本社がゴールドコースト パースに支店があり日本人スタッフがご対応 だから安心です!!
★★ご相談は 東京 名古屋 大阪 へ、 お気軽にご来店下さい。