こんにちは、名古屋支店です。

先月の全豪オープンでの、大坂なおみ選手の優勝 感動しました!!
大坂なおみ選手や錦織圭選手の活躍もあり、日本からも多くのお客さまがメルボルンへ足を運ばれていたようですね。
毎年1月の2週間にわたって開催されるこの大会は、4大国際大会の一つで、世界の一流選手が集結する注目の大会です。

気候面だけではなく、治安も衛生面でも不安のないオーストラリアは、年間を通して本当にたくさんのスポーツイベントが実施されています。

アメフトにラグビー、ゴルフにサーフィン! モータースポーツもとっても盛んです。
私たちも、日本からお客様をお送りさせて頂く立場としては、飛行機や現地宿泊ホテルの手配など、イベントと重なる時期はヒヤヒヤものです(^^;)

とはいえ、そこはAUSTY!!  日程が重なってしまうお客さまがいらっしゃる場合でも、しっかりと現地と連携を取り、新しい情報を入手しながら慎重に進めてまいります(^^)/

さて、話は戻り・・

全豪オープンの際、中継でよく“ロッドレイバーアリーナ”とか“マーガレットコートアリーナ”という会場名があがっていたと思いますが、市内から徒歩でアクセスできる場所にあり、メルボルンのアイコン的存在、フリンダーズストリート駅やフェデレーションスクエアからもとても近いです。

写真1-

シドニーに次ぐ第二の都市でもあり、ファッションやグルメ、カルチャー共に、他の都市とは一味違った魅力がある街と言われています。
AUSTYでもハネムーンの行き先としておススメの都市のひとつです。

英国風の色が特に濃く残っているのがメルボルンともいわれるほど、
ビクトリア調の重厚な建物が並び、街中には名物ともいえるかわいらしいカラーが特徴の路面電車が走る市内は、街歩きにピッタリです。
美術館やガーデンが多い街としても有名で、とても美しい街です。

写真2-

そんなメルボルンは、 ザ!ビーチリゾート! のゴールドコーストとの組み合わせも バッチリ♪
ゴールドコーストでの爽快な青い海と空で、開放的な滞在をお楽しみいただいた後の、
雰囲気の全く異なったメルボルンでの滞在はさらに魅力にあふれていること間違いありません★

さらに・・ 市内だけではもったいない!

メルボルンに来たなら楽しんで頂きたいオプショナルツアーもたくさんございます。
20世紀初頭のオーストラリア最古の蒸気機関鉄道パッフィンビリーにも是非ご乗車してみてください。

写真3-
100年にもわたって走る列車は、レトロな雰囲気の客室と窓のないオープンタイプがウリで、窓際に足を出して座るスタイルが定番なんです。
ぴょ~ん と投げ出すこのスタイルは、解放感あふれる列車の旅になるのではないでしょうか(^^)  ~世界の車窓から~みたいで、気分も上がります↑↑

そして!もう一つ!

メルボルン観光で欠かせないのが“グレート・オーシャン・ロード”です。
西海岸約280kmを走る、世界で最も美しい海岸線を車で駆け抜けるグレートオーシャンロードのツアーでは、奇岩群や断崖をながめながら、爽快なドライブが楽しめるので
旅の締めくくりにもピッタリです★

写真5-
“ロックアードゴージ”  切り立った崖が壮大な景観ですね!!

写真4-
“12人の使徒”と呼ばれる黄色身を帯びた奇岩。オーシャンロードのハイライト!

野生のカンガルーやコアラウォッチングと一緒になったツアーや、土ボタル鑑賞も一緒になっているものもありますょ。

移民が多く、グルメもほかの都市に負けないくらい充実しているのですが、オーストラリアの南側に位置するメルボルンの、変化に富んだ気候ならではの名産品の一つにワインがあります。 特に、ヤラ・ヴァレーは最高級ワインに定評のあるワインの産地です。
お二人のハネムーンの思い出に、記念のワインを探されてみてはいかがでしょう(*^^*)

このように、さまざまなツアーがありますので、素敵なご滞在にするためにもご希望にピッタリのツアーが見つかるといいなと思っております。

こちらメルボルンのあるヴィクトリア州ではサマータイムを導入している為、夏時期のゴールドコーストからの移動の際は、さらに1時間時計を進めてくださいね。。
さすが大きなオーストラリア大陸!  大陸内でも時差があります(^^)

挙式だけでなく、ハネムーン滞在中の過ごし方も、何でもご相談くださいね。

寒い寒い・・と嘆いている毎日なので、オーストラリアがうらやましくてしょうがないです。

今後も、まだまだお伝えしきれていないオーストラリアの魅力をいっぱい発信してきます。

名古屋支店でした。