2018年11月 のアーカイブ

こんにちは!大阪支店です。

例年よりも暖かな11月でしたが、もう今週末は12月ですね!!
大阪支店にほど近い、大阪のシンボル的ストリート御堂筋は今年も梅田~難波までの区間、
イルミネーションできらめいております(*^_^*)☆

ブログ用1!cid__16744412031bcd21bb01_

寒くなるこの季節、今や日本中の様々な場所でライトアップが私たちの目を楽しませてくれますが、この御堂筋のイルミネーションは、今年10年目を迎えるということで、
「流れる=光の川」として装飾され、4㎞に及ぶライトアップの中の一部区間では動きの
あるイルミネーションも登場しているのだとか (^_-)-☆

この光の川は “水都大阪”にちなんで、表現されているようです。
先日、大阪万博も無事に決定し、益々大阪は盛り上がりますよ!! 大阪見ててやぁ~
一段とイルミネーションが美しく見えます。(^^♪

おなじみのブルーに加え、ピンクやイエローの明かりがとってもかわいく、
まだ比較的、寒さもおだやかな気候に相まってなのかX‘masモード、というよりは
“紅葉”を連想するようなイルミネーションを楽しんでいます♪

写真2!cid__1674444c0bbe3488c6d1_

そんな私たちのいる日本ですが、現地オーストラリアは夏真っ盛り!!
先週ご帰国のお客様も、しっかり日焼けして戻られました!!
オーストラリアは湿気が殆どないので、カラリしていて夏でも身体が疲れません。

オーストラリアの西側【パース】にも、スワンリバーという雄大な川がゆったりと流れています。タイミングが合えば、ブラックスワンが優雅に泳ぐ姿にも出会えます。
ゴールドコーストと並び、年間晴天日が300日!と言われており、地中海性の温暖な気候にから“1年を通して過ごしやすい街” “世界で最も暮らしやすい街” としてよく紹介されています。
このスワンリバーの対岸から見えるパースの街並み。本当に素敵です★
大きすぎて、海じゃないんですか?と聞かれることもしばしば。 (・・リバーです♪)

写真5!cid__167445d550dae3685931_
これは絵ではなく写真ですよ!!

このスワンリバーの上流のエリア (車では30分ほどで行くことができます。)は、
西オーストラリアで最も歴史のあるワインの産地としても知られており、
ワイン通をもうならせる、大小あわせて40ものワイナリーがあります。
スワンリバーのワイナリーツアーなどに参加されてみてはいかがでしょうか(*^^*)
とっても人気なんですょ~♪
パースは、ピナクルズやウェーブロック、などなど見どころ満載のスポットがたくさんありますが、広大過ぎて一日ツアーになってしまう所も多いので
ワイナリーを絡めたツアーでのんびりとローカルに触れてみるのもおススメです。
・・・ワイン大好き!! そんなに有名な産地のワイン、試してみたい!・・
・・・せっかくのオーストラリア! やっぱりコアラやカンガルーにも会わなくちゃ!・・・
と、いう方にもピッタリ!

甘い香り漂う、チョコ好きにはたまらない!?チョコレート工場にも立ち寄ります。
(平べったくてまぁるいちっちゃなチョコレート‥♥ すごく美味しいです)

写真4 無題
SANDALFORDワイナリーさんのHPから拝借しております。(立ち寄るワイナリーはこちらとは限りません)

ワイナリーが広がる光景も絵になります~(*’▽’)★

というわけで、半日でぎゅっと詰まった美味しいとこだわりのツアーなんです(*^^*)

カバシャムワイルドパーク(オーストラリア固有の動物たちが自然に近い形で飼育された動物園なのです♪)で、コアラやワラビー、エミュー、タスマニアンデビル、ウォンバットなどを見ることができるほか、一番人気のカンガルーに直に餌をあげるということが
皆さま印象に残ったとおっしゃいます。
近すぎるカンガルー!とベストショットをねらってみてくださいね。
そして、ずんぐりとしたウォンバット(かわいぃ~)にも是非会ってみてください(^_-)-☆

写真6

上目づかいのカンガルー( *´艸`) 可愛すぎです!!

他にも、スワンリバーのランチクルーズなどがあったりと、海のように大きなスワンリバーはパース観光にはかかせない存在です。

大陸の西側は、インド洋に面していますのでゴールドコーストとはまた
少し違った蒼い海を見ることができます。
ここでは書ききれませんが、フリーマントルやロットネスト島(有袋類の幸せな動物と呼ばれるクォッカはここに生息しています)、レンタカーを借りるなら、シェルビーチまで足を伸ばすこともできます。
中々、旅行誌などでも情報量が少ないパースですが、AUSTYにご来店頂ければ
パース通になること間違いなしです。(^_-)-☆
皆様のご来店を心よりお待ちしております♪

大阪支店でした。
写真3!cid__167444583ae17ada3061_



ゲストドレスも大人気!! ~AOYAMAショールーム~

こんにちは!

先日、酒井様ファミリーがご来店くださいました。
ご新婦様の理紗様のお母様と妹様お二人。
とても賑やかに 華やかに 楽しいお時間を頂きました。

理紗様は、2019年3月22日セントジョーンズカテドラル教会にて挙式ご予定です。
皆様のご試着時に、お写真を沢山撮らせて頂いてありがとうございました。

CIMG2557CIMG2551
アクセサリーもお選び頂きました。 お母様も嬉しそうにお二人のご様子を見つめていらっしゃいました。

CIMG2559CIMG2561
全部お似合いなので困っちゃいます!!

CIMG2571
お母様も一緒にカチ☆

CIMG2574
最後に、ご新婦様の美希様にもお揃いのドレスを着て頂きました。

どのドレスに決まったかは、ご帰国後にお写真を頂けるので
その時までお楽しみに!!

☆★★☆★★☆★★☆
ゲストドレスは、海外挙式ご列席の方は元より、国内パーティーご参加にご利用いただいています。
また先日は、ある有名なシンガーのディナーショーへ着て行きます。とロングドレスをレンタル頂きました。
挙式だけはなく、これからはクリスマスパーティーでも着て頂けるドレスもご用意しております。

お気軽にご来店下さい。



最近人気のドレスのデザインは?=大阪支店です=

こんにちは大阪支店です。

ウェディングドレスのデザインの中で、肩を出すビスチェタイプが多い中
最近はロングスリーブのドレスも人気急上昇中です。
そこでAusty Windsの袖付きのドレスを少し紹介させて頂きます。

★★★★★★★★★★★★

IMG_3987IMG_3988

IMG_3989
Item No. 2801
ボレロのレースは取り外しが可能です。
ビスチェとしてイメージを変える事も可能なドレスとなっています。
ボレロはシースルーのチュールレースで透明感があり上品なデザインとなっています。


IMG_4223IMG_4222

IMG_4224
ItemNo. 2316
お袖はスカートと同じ生地のワッシャーオーガンジーを使用。
パゴタスリーブのデザインは、腕を 少し角度をつけることでより腕のラインにメリハリが付いて重くならず、綺麗な袖のラインとなっています。


IMG_0837IMG_0823

IMG_0858
Item No. 3001
ハイネックでコードレースを用いた七分袖がついたドレスです。
コードレースが高貴な雰囲気を醸し出すデザインのドレスです。


★★★★★★★★★★★★

もちろん他にもお袖が付いたデザインのドレスはたくさんご用意しています。


気になった方は是非ご来店・お問い合わせ下さい。
お待ちしております!



ニュージーランドにて挙式ご予定の優様と舞子様

11月も下旬になり、空気の冷たさが身に沁みてきました。
体調管理には、充分お気をつけください。

さて、11月下旬と言えば、ニュージーランドは春から夏にかけてのとても過ごしやすい季節です。
本日は、そのニュージーランドにて挙式ご予定の、優様と舞子様を紹介させていただきます。

ご出発前の最終お打合せと、リングピロー製作にご来店を頂きました。
舞子様のドレスはデザインオーダーにてご依頼を頂きました。
ご来店時から舞子様が着られたいデザインのイメージがあり、その画像を組み合わせて
一番舞子様のお気に入りのデザインに仕上げました。
仮縫いから仕上げまで5回程ご来店頂き、もうすぐそのドレスを身に纏い最良の日を迎えて頂くのですね。
私共もとても楽しみです。

IMG_0774IMG_0770
まずは、舞子様から… ゆきながアシストしております!!

IMG_0787IMG_0788
優様も自然と手が伸びて・・・ 楽しそう。

IMG_0797
最後のリングを結び留めるループは舞子様が仕上げました。

IMG_0805
はい! 素敵に仕上がりました。

リングピローのいわれを再度お話すると、
「リングピローって思い入れがあるんだね。」とお話されていました。

ニュージーランドへは皆様初めて訪れるとのことで、とても楽しみにしていらっしゃいます。
感動の挙式と楽しいハネムーン(ご旅行)になられますように、
日本よりお祈り申し上げます。



ドレスのホームページがオープンしました!!

皆さまこんにちは!!

AUSTYドレスのホームページがオープンしてワクワクしています。
アトリエがあるドレスショップだからこそ出来ることをこれから沢山発信していきますね。
お楽しみに!!


DSC_0265_sepia s

オースティ ウィンズのウェディングドレスは
全てオリジナルデザインドレスです。
青山のショールームには自社専用のアトリエが併設されており、
そこで企画・デザイン・縫製のすべての工程が行われています。
そんなオースティ ウィンズのドレスのコンセプトは
「着るのではなく “包み込まれる” ウェディングドレス」です。
インポートドレスでは得られない、花嫁様の身体のフィット感へのこだわりや長時間着ていても疲れない軽さやシワになりにくさを追及し、素材選びにもこだわったドレス創りを行っています。
一人でも多くの花嫁様が「一番フィットしたドレス」「一番望んだデザインのドレス」を身に纏って特別な日を迎えられるように全力でサポートいたします。