皆様 お元気ですか~~!!ゴールドコーストよりお久しぶりです。

日本はそろそろ初夏? この間30度を超える日があったとお客様から聞いて驚きました。
現地は今が旬の秋です。
つまり一年で2番めにいい時期ですね。(私は夏が1番なので、、)
きっとオージーに言わせると、この時期が最高だよ!!って、、 暑くもなく、寒くもなく快適!!
とにかく、海も空も真っ青で 空気も澄んでいて とても とても過ごしやすい季節ですよ。

こちらゴールドコーストでは、先月行われたコモンウェルスのゲームで街はかなりにぎわっていて、人口が通常の10倍に増えたのでは?? ここは渋谷の交差点かと思ったくらいの人の数でした。

えーー!!コモンウェルスのゲームを知らない??!!
Commonwealth という単語は「国家」という意味で用いたようですが、
当初、イングランド共和国( Commonwealth of England)とされ、17世紀に英国の政治思想家によって、一種の理想的な共和政体を指し示す概念が生まれ、その共和国に加入している国々のオリピックのというと分かりやすいかもしれませんね。
オーストラリアはご存知のとおりスポーツ大国、各種目で沢山の選手が金メダルを取って感動の2週間だったのです。
オージーに対しては、楽観的、怠け者というイメージもありましたが、このゲームを見て見方が変わりました。
本当に自分の魂の求めているものにはこんなに努力を重ね、勝つという精神を貫ける“つわもの“だと驚きました。
ではまず、ご紹介はコモンウェルスゲーム2018のキャラクターになったBOROBI君です“ハローー!!”

IMAG4400


そして、やはり海と関連サーフィンに続く水泳が強い!!
ブロードウォーター沿いにできた巨大水泳競技場 で~~ん!!

IMAG4401


写真では伝わらないかもしれませんが、ブルの高さ5階くらいの観覧席が四方にあり、巨大モニターと目の前のプールで実際に泳いでいる水泳選手を応援!!
国民みんなで自国の選手の応援をし、選手は国の代表として誇りを持って金メダルを目指しています。
そして、このゲーム開催における市民の協力体制はすごく、選手、応援する人々、ゲームを裏方で支える人々。
皆が一丸となって、力を合わせれば素晴らしい成功と感謝が生まれる、そんな事を教えてくれました。

きっと皆様も2020年のオリピックで同じ事を感じられると思います。
私たちも 頑張れJAPAN!! 応援していますよ!!

そしてこれだけでは終われない今回のブログ。

こんなに素敵な青空の広がる秋、今日は秋が素敵にしてくれるタンボリンマウンテンを紹介いたします。
ここは、サーファーズパラダイスから一番近いワイナリーが点在しているところ。
ワイン好きの私にはこれを紹介しないでは始まらない!!
こちらシダークリークワイナリーでのお勧めワインは赤ワイン。

IMAG4428

とてもまろやか感の口当たり、甘目がお好みの方はポートワインも見逃せません。

そしてこちらの敷地には私の大好きなチャペルヒンターランドクリークチャペルが、素敵な緑とレイクに囲まれてひっそり建っています。

P1010022

暖かい落ち着いた雰囲気でもお式を終えたあとは、このロマンティックなお庭と、季節によってはブドウ畑の中で写真撮影、時にはダックちゃん達が興味津々に写真撮影に参加してきてくれます。

IMAG4434


そしてもう一つの醍醐味は土ボタル。日中にしかも間近で見られるのは唯一ここだけ!!
大木の根っこにがっちり固められた洞窟の入り口。

IMAG4443

IMAG4447

中に入るとゴシックなイメージの鍾乳洞。
夏でもひんやり涼しく気持ちがいい。
暗闇に目を慣らしていざ土ボタルのいるところへ、、、うわ~~~ 星空が一面に広がった感じ。
ここでは洞窟のトンネルをくぐって行くので目線の高さに土ボタルを見ることができる最高のスポット!!
(残念ながら暗くて写真に収める事できないので、ご自身の目で実際に見て目に焼き付けてください。)
シダークリークの敷地を出て、まだまだタンボリンマウンテンには見所がいっぱいです!
風向きがいい日は、地元の人々がハングライダーを堪能している姿が見られるルックアウト。

IMAG4418


アーティストが沢山住んでいるタンボリンマウンテンのギャラリーウォークは、現地の方々も大好きな場所なので、週末を家族や仲間と一緒に過ごす人気の場所です。

IMAG4449


素敵な絵画、アンティーク(価値のある堀出し物)を探すには最高!!
ちなみに私の父もアンティークコレクターなのでここは大好きで、来豪時は必ず散策しに来ます。

また、甘党の方にはおいしいファッジのお店もあるので必見、種類が沢山あるので選ぶのが大変です!!
他にもチーズファクトリーや素敵なボタニックガーデンがあったり、カータスフォールと言う滝までの散策道、
ベッドアンドブレックファースト(BB)と呼ばれる森の中にひっそりと佇むペンションのようなところでのお泊りもお勧めです。

一日では回りきれない位、沢山沢山見所があります。
ゴールドコーストにいらした時には、私たちへご遠慮なく聞いてくださいね。

このスペースで紹介するには、オーストラリアはまだまだ大きすぎ!!!
ではまた次回も楽しみにしていてくださいね!!

ゴールドコーストより!(^^)!